プロ、プロを目指す声楽家などからよくあるご質問

Q:演奏会があります。その曲を仕上げていただくことはできますか?

 

A:お引きお受けいたします。公演日と曲名、何回レッスンにいらっしゃる予定などの情報をお知らせください。

曲数や期間、回数、現状によってレッスンプランをたてます。

 

Q:オーディションを受けます。オーディション対策をしていただけますか?

 

A:お引きお受けいたします。
オーディション日とどのようなオーディションなのか、曲名、何回レッスンにいらっしゃる予定などの情報をお知らせください。

期間、回数、現状によってレッスンプランをたてます。

 

Q:留学をしたいと思っています。その準備のためにレッスンをしていただけますか?

 

A:お引き受けします。体験レッスンにお越しください。
 現状のチェックをし、レッスン内容の提案をさせていただきます。
 


愛好家や初心者声楽家などからよくあるご質問

Q:初心者でもレッスンは受けられますか?発声が完成してからレッスンを受けた方が良いのでしょうか?

A:初心者からプロまで対象にしています。発声と音楽作りは両方あってこそのものです。
レベルや問題点、課題に応じてレッスン内容を組みますので、ご心配なさらずにまずは体験レッスンにお越しください。
 

Q:プロではありませんが、オペラを全幕勉強してみたいのですが見ていただけますか?

A:是非挑戦してください!初心者でも、少し慣れたら「オペラ全幕の勉強」をお勧めしています。
 皆さんの目標、希望をお聞きし、プランをたてます。
 プロ、プロを目指している方でなくても、重唱やレチタティーヴォの練習は上達につながります。
 
 

コレペティトール志望者からよくあるご質問

Q:ピアノがかなり上手でないとコレペティトールにはなれませんか?

 

A:ピアノがピアニストのように弾ける必要ではありませんが、ベートーヴェンのピアノソナタくらいを基準に

 考えてください。詳しい事はご相談ください。
 コレペティトールには 歌い手を効率よく育てる事もとても重要です。
 指導法を学び、オーケストラの代わりにピアノを弾く、、、総合的な勉強をしていきます。

 

Q:将来コレペティトールになりたいと思っています。現在高校生です。何を勉強したら良いですか?

 

A:ピアノは弾けた方が良いです。
 ハーモニーや いろいろな楽器の音や特性にも関心を持ってください。
 歌も上手でなくても良いですが、弾き歌いが出来るようになると良いですね。


伴奏者育成 よくあるご質問

Q:ピアノが上手ならば伴奏者になれますか?

 

A:独奏者であるピアニストは、単独で音楽表現をしていきます。

伴奏者は共演者とともに作る音楽を総合的に捉え、自分の責任を果たしていくことが大切ですので、

ピアノが不自由なく表現できる実力は必要だと思います。

 


その他 よくあるご質問

Q:ピアノ曲はレッスンしてもらえませんか?その場合年齢制限はありますか?

 

A:ピアノのレッスンもしております。3~4歳のお子様からシニアまでお受けします。
 詳しくは 香川音楽教室のホームページをご覧ください。http://kagawa-musica.jimdo.com

 

Q:音楽大学を受験したいと思っています。ソルフェージュや音楽理論、副科ピアノなどの受験対策はしていますか?

 

A:受験対策のレッスンもしております。

   過去には 国立音楽大学、武蔵野音楽大学、洗足学園大学、玉川学園大学の合格者をだしています。
 詳しくは 香川音楽教室のホームページをご覧ください。http://kagawa-musica.jimdo.com

 

Q:演奏活動はしていらっしゃいますか?

 

A:演奏活動もしております。
 私自身が演奏家ですので、人に感動を伝える演奏をするには「何が必要か?」「どんな困難があるか?」
「解決法は?」ということを私自身の体験からみなさんにお伝えしています。

 詳しくは 香川紀恵の総合ホームページをご覧ください。http://noriekagawa.com

 

 

Q:演奏会、オーディションの伴奏をお願いできますか?

 

A:日程 や 内容などの情報をお問合せフォームからお知らせください。
 前向きに検討させていただきます。

 

 

Q:お教室からは遠くに住んでいるのでレッスンに通えません。単発のレッスン、あるいは地方でのセミナーなどはないのでしょうか?

 

A:単発のレッスンも前向きに考えますので、お問合せフォームからご連絡ください。

 セミナーも開催しております。

 ご要望が多い場合は地方での開催も考えておりますので、お問合せフォームからご連絡ください。

 

 レッスンは本来「対面」の方が良いのですが、多くの方にお役に立ちそうな情報・動画をメルマガで配信しております。
 無料ですので興味のある方はご登録ください。メルマガ登録はこちら!